イベント情報

唄WS「里歩寿 奄美島唄」

奄美群島の各集落で歌い継がれてきたシマ唄。日本列島の民謡の中でもひときわ特色のあるこの唄を、唄者(シマ唄の唄い手)として若手のトップを走る里歩寿が実演を交えて解説。また、実際にシマ唄を唄ってみる体験ワークショップも行います。唄ってみたい方も、聴きたいだけの方もどうぞご参加ください

日時

8月19日(日)14:00-16:00

講師

里 歩寿(さと ありす)

会場

あゆす会館

定員

40名

料金

3,000円

対象
プロフィール

里 歩寿

奄美大島出身、現在24歳。兄の影響で4歳より島唄を始める。
2004年奄美民謡大賞において新人賞受賞を皮切りに数々の大会で賞を受賞し、中学生の時には民謡民舞少年少女奄美連合大会で3年連続最優秀賞受賞。2010年(高校2年)奄美民謡大賞において大賞受賞。これは1996年元ちとせ氏が最年少で受賞して以来、誰も破る事ができなかった最年少記録を塗り替えた。2012年3月アルバム『アリス』リリース。
解説

日本語のみ

会場までに移動について

「あゆす会館」はマリンプラザ小木(EC案内所)より徒歩で約10分のところにあります。送迎バスはございません。

ワークショップ申込

チケットは、6月15日(金) 9:30より発売いたします。詳細はこちらをご覧ください。

先頭へ